一帯一路は、2013年に習総書記により提唱された「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海上シルクロード」間の連携と協力の強化に焦点を当てた戦略です。

一帯一路は、ユーラシア大陸を通り抜け、アジア太平洋経済サークルから東へと相互に結びつけます。中国政府は、「地域的な繋がりを高め、明るい未来を迎い入れる」ことに重点を置き、「文化の交流及び融合を通じて、統一された大市場の構築と海外及び国内の両市場を最大活用するためには、資本流入、人材プール、技術データベースなどの革新的な原型を構築し、相互の理解を高め、信頼し合うことが必要だ」としています。

曽グループは、一帯一路を積極的に受け入れ、戦略アドバイス及びビジネスサービスの提供、海外技術サービス、国際貿易を通して、一帯一路に沿った投資、企業、情報の交換及び開発をサポートしています。

今日、一帯一路は65の国と地域へと発展していますが、曽グループは文化メディア、石油・ガス、エネルギー、天然資源、ITセクターを含む中国企業への投資及び買収に関わっています。