粵港澳大湾区は中国国務院により、香港、澳門と広東州の9つの主要都市で構成する世界規模の経済、ビジネス、テクノロジーの中継地を目指すと提案された発展計画です。

中国政府は、香港が金融センターとしての役割を果たし、依然として東南アジアと密接に連携していることを踏まえ、香港にこのイニシアチブを率先するよう遂行しています。 香港はまた、より低い税率、知的財産権の保護の優位性、粤港澳大湾区内における最大GDPを誇ります。また、粤港澳大湾区は合計1.51兆米ドルのGDPを創出し、米国のニューヨーク都市圏の1.66兆米ドルと日本の東京湾圏の1.78兆米ドルに続き、世界第3位のGDP総額を記録しています。

粵港澳大湾区は、中国国家と地域の発展のための大きな機会をもたらす素晴らしい、大々的な計画です。曽グループは、粵港澳大湾区のビジョンを大きく支持していており、今後5−10年以内に、不動産、金融、技術などの分野で多くの金融と人的資源に投資することを予定しています。