• スティーブン・L・ノリス

    スティーブン・L・ノリスは、曽グループの顧問団代表であり、カーライル・グループの共同創設者も顔も持ち、30年以上にわたりプライベートエクイティ及びコーポレートファイナンスの分野で活躍してきました。カーライル設立以前、マリオットのコーポレート・バイスプレジデントを務め、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領から任命され、米国上院で承認された後、連邦退職金投資委員会の理事も務めました。スティーブンはまた、企業金融と事業計画を教えてきました。

  • アサッド・サルタン

    アサッド・サルタンは曽グループの上級顧問であり、株式及び資本市場の専門家として約30年の経験を持ち、マッコーリー銀行、ITG証券会社、キャンターフィッツジェラルドにて経営幹部レベルの役職を担当しました。彼は、クロスボーダー取引、アウトバンド投資と企業買収、またインバウンドキャピタルフローに焦点を当てています。

  • ジャッキー・ワン

    ジャッキー・ワンはユナイテッド・キャピタルの創業者であり、会長を務めます。アリババグループの副社長、アルコアアジアの副社長、DHL中国の社長、中国電商物流企業連盟の会長等を務め上げた経歴も有します。
    さらには、彼はフォックスコン、SFエクスプレス、HNA、ハイアールといった企業への投資家であり、戦略顧問も務めています。

  • ヴィンス・レーン

    ヴィンス・レーンはグローバル起業家として事業開発、テクノロジー、不動産、エンターテイメント、CBD及び投資管理の分野で25年以上の経験を有します。現在、曽グループの上級顧問も務め、グローバル買収とファンドマネジメントを担当しています。
    彼は、カリフォルニア大学デービス校を卒業し、ハーバードビジネススクールにて上級学位を取得しました。

  • ガレス・エバンス

    ガレス・エバンスは、バウヒニア・キャピタル・パートナーズの共同創業者で、株式及び企業融資の分野で30年以上の経験を有しています。かつてはクラインワート・ベンソン、リーマン・ブラザーズ、UBSでの勤務経験があります。その後、エクイティ・グロス・リサーチを設立し、リベルタス・キャピタル・アジアの設立を担当し、COO就任を経て、CEOを務めました。 また香港と英国において企業金融・有価証券に関するアドバイスや取引のライセンスも有しています。

  • カラン・アンダーソン

    カラン・アンダーソンは事業経営とコンサルティングにおいて、25年以上の貴重な経験を有するビジネス・スペシャリストであり、香港、中国本土における英国、米国及びカナダの企業のプレゼンスを高める支援を積極的に行っています。また、彼はカナダ商工会議所の取締役、香港信託会社グループ及びボスニア紛争間に、いくつかの国連NGOにて会長も務めています。

  • ニック・チャム

    ニック・チャムは、デロイト中国支店にてシニアパートナーを務め、20年以上にわたるM&Aアドバイザリー。またM&Aに特化した税務スペシャリストです。
    彼は、中国での在職中、300に及ぶM&A取引に携わり、直接投資、オリジネーション、デューデリジェンス、法人税、企業再生、M&A後の統合化作業の業務において経験を有します。

  • ハンス・カノルド

    ハンス・カノルドはスウェーデンをベースに、香港、ロンドン、ニューヨーク、ケープタウン、ドバイとグローバルに拠点を拡大しているホスピタリティ業界向けのソリューションを提供するゴーファーストグループの共同設立者兼社長を務めます。長年にわたる国際的な起業経験を活かし、認定ビジネスコーチとして、2018年、チューリッヒで開催された国際ビジネスフォーラムにてスタートアップ・オブ・ザ・イヤーとしてノミネートされたトラストブランドの共同設立者でもあります。2013年には、50カ国以上で活動を展開する企業も設立しています。

  • オリバー・モチヅキ

    オリバー・モチヅキは英国の次世代型クラウドファンディング及び投資プラットホーム、ファンドサーファーのCEO及び共同創業者です。彼は、イベント、音楽、テクノロジー、メディア、エンターテイメント、さらには仮想通貨と行った幅広い分野にて、創業者且つ資金調達の専門家として活躍しています。

  • 刈田貴久

    刈田貴久は25年以上の経験を持つアントレプレナーです。バイオテクノロジー、製薬、IT、オムニチャネルマーケティング、老人介護、教育などの様々な事業分野における業務提携及び事業開発の豊富な実績があります。彼は中国の有名なIT教育技術企業であるセンディーテクノロジーの最高財務責任者でもあります。