曽グループ、2020アジアヘンプ投資サミットとCBD製品展示会を共催

曽グループは、1月14、15日にケリーホテル香港にて行われた2020アジアヘンプ投資サミットとCBD製品展示会(2020 Asia Hemp Investment Summit&CBD Products Exhibition)を共同開催しました。

2020アジアヘンプ投資サミットとCBD製品展示会は、サミット、展示会、ロードショーから成る3構成で、サミットは、アイデアを交換するプラットフォームを提供し、出席者がCBDの資金調達、規制、ブランディング会社及び開発機関についてより深い情報を得られる機会となりました。

主に中国を筆頭に世界中の医療、化粧品、飲料などの様々な出展者が展示しました。販売業者と投資家にとって、アジアと中国市場でのCBD投資機会について話し合いができる素晴らしい場となりました。中国、世界の投資家及び販売業者のみならず、中国雲南省の政府関係者を含む来賓者と接点を持てたことは、光栄なことだと考えています。

ロードショーでは、多くのカンナビスプロジェクトが熟練投資家のレビューと共に紹介されました。出席者は意見交換できるだけでなく、お互いにネットワークを構築することで、アジアのヘンプ市場への投資を促進しました。

曽グループの投資会社の1つであるゴディブンも出展しました。 ゴディブンは、中国の革新的なCBDスキンケアブランドであり、トップインフルエンサーに支持を得ています。

弊社のマネジングディレクターであるケルヴィン・リウは、開会式にてCBD産業将来の発展についての考えを語りました。 ケルヴィンは潜在的な投資機会を紹介し、投資家が情報交換するプラットフォームを提供しました。

曽グループ会長、パトリック・ツァンは関連宴席で、世界の新興CBD市場、特に中国に対する見解を述べました。パトリックは、いくつかの重要な規制と最も著名なCBD企業を強調しました。

イベントを成功に導いてくれた共催者であるCBDGカンナビスファンドに感謝します。

ゲストとネットワーキング中のパトリック。

世界中から集まった販売業者のCBD製品展示。

CBD製品。